A
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:未分類( 22 )
PLAY !
更新は年2回ペースになりつつあります。

いろいろあったりいろいろなかったりで、さぼらず楽しいことをしよう=「遊ぼう」と思ったことと、
思い返せば自分史上最も「音楽」に近づいた数ヶ月だったということで、
PLAY、なるキーワードでの投稿です。

b0135891_2293674.jpg

b0135891_2301876.jpg

以下、前回更新から9月くらいまでの偏ったまとめです。
b0135891_2312598.jpg

1. 時計。
手の届きそうな最近の時計で惹かれるものがなかったので、中古のものを買いました。

b0135891_2315439.jpg

2. 『POST FOSSIL』@21_21。
意図的なのかどうかはわからないけれど、作品一つ一つの細かいキャプション等がなく、素材やらなんやらがよくわからないのが、得体の知れない感を増幅させていてよかったです。

b0135891_2334480.jpg

3. 『僕が住んでいた街』。
もともとは友人へのプレゼントで買ったくるりのカップリング集。学生時代を過ごした京都に久しぶりに行って、ものすごくよかったので、自分用にも買いました。タイトル買い。中味もそうとう郷愁を誘います。

b0135891_234891.jpg

4. THE TOKYO ART BOOK FAIR 2010。
・『EDEN / ALEXANDER BÜHLER』は箱に惹かれて買いました。
・昔はそんなに興味のなかった奈良美智ですが、一二年前くらいから単純にかわいいなと思うようになりました。
・韓国の雑誌『GRAPHIC』。『アイデア』の韓国版みたいな印象。この号は、作品と一緒に制作現場(デスクまわり、スタジオ、アトリエなどの写真)が載ってるんですが、昔からそういうのを見るのが好きです。ファッション雑誌での、カバンの中味拝見みたいなのも好きです。

b0135891_2344017.jpg

5. ギター&アンプ&MUSIC
京都に行った際、友人のバースデーライブでの「Lady Madonna / The Beatles」の演奏がすごくかっこよくて、ギターが欲しくなり、さんざん迷ったあげく一目惚れして買った四角いギター。買ってから、やっぱりレスポールはかっこいいな、なんて思ったりもしたけど、後悔そんなに後まで立たず。これからです。にわかに、音楽熱が上がり、ビートルズやピンクフロイドなんかを借りて聞きました。

b0135891_2351456.jpg

6. 本 秀康
世話をしてもらっている先輩に借りた『レコスケくん / 本 秀康』。絵も内容も素晴らしいです。プレーヤーも持ってないのにレコード屋巡りがしたくなるも、今回は思いとどまりました。

b0135891_2354985.jpg

7. 青ヶ島
八丈島よりさらに南へ行ったところにある青ヶ島。飛行機とヘリを乗り継いで行きました。普段僕がいる環境とは劇的に違う場所で、そんなに違わない人たちが暮らしていました。
責任もって自分で楽しいことを見つけよう、と思うきっかけになりました。

b0135891_2372770.jpg

8. ショップカード
「moyashi」「P/man」。大学時代の友人たちと食材の名前の店しばり(たまたま)で飲む。
「チクテカフェ」下北沢。センスのいいお店。

b0135891_2375694.jpg

9. 代々木上原にある「サンヴェットモン」。
1Fのガラクタ市で灰皿、ライター、キーホルダー、茶こし的な物なんかを買いました。

b0135891_2382563.jpg

10. MMM
初めてのマルジェラ。やっぱりかっこいい。

b0135891_2384740.jpg

11. 『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ / くるり』
見せてもらいたいし、見せてやりたいもんです。

トップイメージおよびCDジャケット(表・裏)の「止まれ」は地元で撮った写真。

遊ぼう、と思いつつも止まってしまってばかりでやんす。   草々
[PR]
by casestudylife | 2010-10-13 02:48
YOU ARE WHAT YOU SEE or MAKE.
しばらくぶりの更新です。
この春からサラリーマンになりました。
埼玉県の社員寮から東京の会社へ通ってます。
コミュニケーション力不足を痛感する日々で、年中五月病のようです。

ブログはちょっと趣向を変えて書いたり書かなかったりしようと思います。

b0135891_2328683.jpg
1 六本木クロッシング 2010展:芸術は可能か?
前回のに比べると若干のパワー不足を感じなくもないけれど、いい意味でつきぬけたバカっぽい作品が多く面白かったです。

2 クリストとジャンヌ=クロード展
こちらもつきぬけてます。生きているうちに生で作品を見てみたいと思いました。

3 TDC2010
例年より手の痕跡が感じられる作品が多いと感じました。挨拶文は服部一成さんが書いていて、あいかわらず文章が素敵でした。僕はADCよりTDCが好きです。

4 「シンクロニシティーン」相対性理論
最近はやくしまるえつこさんの声ばかり聞いてます。

5 proto- Takeo Paper Show 2010/感じるペーパーショウ
友人が制作に絡んでいたこともあり、見に行きました。例年のそれとは少し違った趣向で、グラフィック感はあまりなかったけれど、インスタレーションはどれも興味深く楽しめました。

6 組み合わせが選べる3色ボールペン/無印良品
今まではPILOTのHI-TEC-Cのヘビーユーザーだったけど、このペンは似たようなさらさらとした書き味で、多数ある色の中から三色選んで3 in 1で使えます。結構書くという人には減りの早さが気になるかも。


b0135891_23282615.jpg
1 建築はどこにあるの?
友人と見に行ったら、別の友人にも会うというスモールワールドぶり。図面、模型、映像っていう展示じゃなくて、建築家によるインスタレーションはどれもバラエティーに富んでいて、時間を忘れて過ごせました。特に内藤廣さんの作品は童心に返って(帰って?)楽しめました。

2 TTC Tanaka Takashi Collection
友人の知人(ほぼ他人)の展覧会。limArt annexにて。普通の素材でとてもきれいに見せていて、素材の使い方がすごくうまいと思いました。作家さん本人もとてもナイスなキャラでした。今後に注目です。

3 PHILIPS HQ8241
就職祝いに親にシェーバーを買ってもらいました。BRAUNと迷ったけれど、PHILIPSの方が優しい剃り心地という店員さんの言葉を信じてこっちにしました。カミソリよりも短時間でそれて朝、とても重宝しています。

4 京都遠足 石峰寺、東福寺など
GWの後半に京都へ帰り、ゼミのみんなで恩師に遠足に連れていってもらいました。

5 写真
京都へ帰ったついでに寄った友人の家で、以前撮った写真をもらいました。

6 第77回 毎日広告デザイン賞入賞作品展
盟友の作品が選ばれ、銀座松屋にて展示されていました。作品集も絶賛発売中とのことなので興味のある方は是非。
http://macs.mainichi.co.jp/news/77d_list.html


b0135891_23284227.jpg
1 ジョン・ルーリー展 ドローイング
画家の友人に進められて見にいきました。少しだけ絵が描きたくなりました。インプットは大切です。

2 財布
紛失のため、再度制作。革とボタン一つという制約を守りながら、今度は小銭入れ付きです。

3 「友情・愛と死」武者小路実篤
古典的名作。久しぶりの小説だったけれど、とても読みやすかったです。ハッピーな作品ではないけれど、今の自分にはいいタイミングでした。

4 2010タイポグラフィ年鑑作品展
竹尾見本帖本店にて。友人数人とともに、僕の作品も展示されているとのことです。5/10〜20の平日の19時まで、というなかなか難しい時間ですが、暇でヒマでしょうがないという方は御高覧くださいな。

5 GRAPHIC TRIAL 2010
毎回著名なアートディレクターをゲストクリエイターに迎えての、グラフィックデザインと印刷表現の関係を追求するトライアルです。

最近はアウトプットがうまくできておらず、このブログも書こうと思ってから一ヶ月押しでの更新です。何とか書き上げて思うことは、とりあえず写真をもうちょっと何とかすること、でした。
そんな僕はSuica派です。
[PR]
by casestudylife | 2010-05-19 00:45
091019_KNOW MORE 中二病
あらゆる面でジリ貧です。

何も蓄積されていってなくて、まわりに取り残されていく感じがします。

刹那主義もいいけれど、少なくとも自分にとって楽しむっていうのはそういうことじゃないんじゃないかと思ってみたりもします。

今一度、生き方を考えようということで、KNOW MORE 中二病です。




NOをKNOWに変えるのがマイブームです。

KNOW WARとかKNOW MUSIC, KNOW LIFEとか…

大体いけるんじゃないかと思っています(ネイティブに通じるかはわかりませんが)。
[PR]
by casestudylife | 2009-10-19 08:14
090811
トンネルを抜けるとそこは、山科だった。

制作にお邪魔している、伝統工芸の工房はしっかり5時に終わるので、回り道して帰ろうと、一号線沿いの道から山科へ(自転車で)行きました。

思いのほか近かったけど、知らない道を走るのはちょっとした旅行気分です。

b0135891_23352867.jpg
こういうとこに書いてある数字が昔から好き

b0135891_23263921.jpg
山田ポーコかと思った

b0135891_23363371.jpg
疎水に着いて、それに沿ったジョギングロードを走る(自転車で)と、

b0135891_022421.jpg
日本最初の鉄筋コンクリートの橋がありました

そんなこんなで、蹴上方面から京都へ。

蹴上には『Bar Kick Up!!』(蹴上)がありました。

そこから、南禅寺を過ぎ、哲学の道を通って、白川通りへ。この辺りは、銭湯あがりに浴衣で来たら、温泉街気分を味わえそうだと思いました。

よく、”雪国/川端康成”の最初のくだりを模しての、『トンネルを抜けるとそこは○○だった』ってのをみかけるけど、実際は『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。』らしい。トンネルを、から始まるわけでもなければ、そこは、もないみたいです。
[PR]
by casestudylife | 2009-08-13 00:04
090806
今日は昼過ぎから工房訪問。

ようやく本格的な制作を開始。灰皿を作ります。

今日はバイトがなかったので、工房の帰りに街へくり出すことに。

すると、宗教の勧誘的なものに遭遇。悩んだときに導いてくれるらしい。それはありがたいなぁと思いながらも、すいません、と切り上げて、久しぶりにBALへ。

ジュンク堂にはお目当ての本は置いておらず。+81のセット・デザイナー特集は面白そう。

何かの本で、コンテンポラリー・クラフトという言葉を発見。本業ではないけど、趣味的にやるにはなかなかしっくりくるキーワードかもしれないと思う。ドナルド・ジャッドとかピート・へイン・イークのなんちゃってを作るのを正当化できそうな言葉。

無印で、最近まわりで大流行りのVネックTシャツの二枚組のを50%OFFで購入。

ヤングな人たちには、首まわりがゆるいTシャツがここ数年安定的に人気があると思うけど、なぜか無印でもユニクロでもメンズでそういうアイテムはなかなか見かけません。

たまに見かけても、Yシャツの下に着るようなアンダーウェア的なものばかり。

無印の方はじわじわとゆるくなって来ているような気配はあり。

マーケティング的には正解ではないのかしら。

節約生活のため、カナート地下のやまやにてパスタ500gを100円で購入。怒濤のパスタ祭が始まりそう。

調べてみたことなかったけど、ネットで節約レシピとか見てみようと思う。
[PR]
by casestudylife | 2009-08-06 22:34
090728-29
しばらく更新してなかったせいで、トップイメージは三月のままです。

この間に、学年が一つ上がり、就職が決まりました。

7/28は、ゼミに行って、ポスターの色校をして、伝統工芸の工房に行って、バイトに行きました。

学校に帰って、頼まれたポートフォリオのデザインをしようと思って、友人に電話するも連絡は取れず。

とりあえず前に送ってもらった写真の加工。

その後、ゼミのBBSに前からしようと思っていた企画を書き込み。

以前、広告批評で見たUnderworld兼TOMATOの人がアルバムのジャケットの制作過程を語っていて、画像をメールに添付して、それを加工して返信してもらって、またそれを加工して、というのを繰り返したものがアートワークになったらしいです。

何年か前にそれを友人としてみて面白かったので、もっと大勢でやってみようと書き込みました。

その後、友人の院生室に行き、ジャイアントキリングの最新刊と、バクマンの1、2巻を読みました。
[PR]
by casestudylife | 2009-07-29 04:20
Not found
特に書くことが見つかりません。



ので、トップイメージの話。

僕のへなちょこな知識を総動員して調べた結果、ネットサーフィン中に時折現れる、

"404 Not Found"の文字は、TimesのBoldなんじゃないかということになりました。

まったく保証はありません、が。

で、その下の"The requested URL ..."の部分は同TimesのRomanではないか、と。

これもまったく保証はありません。

ちなみに、その"The requested URL ..."の文面は、ちゃんと修正してあります。

少し、マルジェラのホームページのエスプリを拝借している感じです。


話は変わりますが、少し前に"Font Book"の、便利な人には便利かもしれないけど、

知っている人はもう知っているであろう機能を発見しました。

Font Bookを開いてメニューバー(一番上のファイル、編集とか並んでるやつ)の

プレビューにあるカスタムっちゅうやつを選択すると、画面右部分のABC...のとこに、

自分で好きな文字、文面、言葉を入力できるようになります。

その状態で、選択しているフォントを変更すると、

入力した文字をそのフォントにしたときの様子を確認できます!

どのフォントにしようか迷っているときなんかに使うと、

すごい...それは素晴らしいことだっ、かもしれませんね、SAMURAI !

(Number Girl/ "SAMURAI" OMOIDE IN MY HEAD 1~BEST & B-SIDES~ [Disc 1]

最初のMC部分より)
[PR]
by casestudylife | 2009-03-11 04:44
就職戦線異状なし
2月の中旬から一週間ほど、ある企業のワークショップに参加していました。

贅沢にもホテル暮らしで、環境も整えてもらって、

と素晴らしい環境で作業をさせてもらえました。

いろいろと課題も見つかりましたが、やりきって参りました。

が、なかなか現実は厳しくて、採用されるには至らず。

社員のみなさんがいきいきとしていて、素晴らしい企業やと思います。

ヘッドホン買います。カメラもUSBも買おうと思います。

で、そのワークショップが終わった3日後に、別の企業の課題付きの

エントリーシート(俗に言うES)を提出せねばならず。

案の定ぎりぎりになり、郵便局に行くとその郵便局では間に合わないとのことで、

駅前の郵便局へ。

地下鉄では危うかったので、タクシーで直行。

急いでいたこともあり、人生初の「おつりはいいです(ビシッ)!」

を決められるかと思いきや、¥2,000ジャストで、またの機会へ。

なんとか提出し、連絡待ちの状態であります。

他の企業も探して、ブックマークして、Webエントリーして、ラーメン食べて、

エントリーシート(俗に言うES)出して、マンガと雑誌(デザイン系ね)買って、

マンガだけ読んで、バイトして…という日々です。

あー、内定まであと何マイルあるんかな。


トップイメージは、そんな気持ちを反映してか、いい具合にお金お金な感じにしました。

使用フォントは、ImpactとStencil Std Boldです。

円とユーロとドルのYESは、CCTVの件が記憶に新しいコールハース(OMA)より、

I LOVE YOUR MONEY.は誰のだったか忘れました。
[PR]
by casestudylife | 2009-02-28 04:49
あけましたアーカイブ
case study "life"ということで、lifeの部分をその時々で変えていこうと思っていますが、どうなるかはわかりません。
今回は光で書いたlifeとなっています。
多分まわりのデザインも毎回変わるはずです。
Futuraという書体の骨格を参考にしたすごく細いフォントを作り、トップイメージに使ってみました。
Futuraは、LUIS VUITTONやVOLKS WAGENなどのロゴにも使われているとてもメジャーなフォントです。

年末にやるべきだったような気もしますが、いい機会なので今までのトップイメージを振り返ってみることにしました。
思えばブログの本文に画像をのせるのは初めてのことです。

b0135891_5484651.jpg
b0135891_5491069.jpg
b0135891_5492657.jpg
b0135891_5494054.jpg
b0135891_550133.jpg
b0135891_5501379.jpg
b0135891_5502888.jpg
b0135891_550424.jpg
b0135891_550571.jpg


意図的にいろんなテイストを試みているつもりです。
本人にしかわかりませんが、なかなかにそのときどきの気分というか私生活を反映したものになっています。
Time with money.はブログのサブタイトルかと思いきや、迷走したあげく、最近は毎回変わってますね。
バックは白が多いのでこうやって並べると境目がわかりにくいです。


新年の抱負的なあれは割愛します。
[PR]
by casestudylife | 2009-01-19 06:25
2008年12月
文字についてあれこれと考えているわけではありますが、もともと言葉で考えるタイプではなく、考えるほどに、どんどんと遠ざかっているような気もします。
もともと、文字への興味も、言葉でありながらイメージでもあるのが面白いというところから出発していたわけです。
もっと新しいイメージ(画像)を見るようにしようと思います。
インプットが足りなくてはアウトプットのパワー不足は否めません。

思い返せば、なかなかてんこもりな2008年でした。

よりビジョンが不明瞭になって、フラフラなままではありますが、いよいよ正念場です。
[PR]
by casestudylife | 2008-12-29 05:48